サプリメントについて

サプリメントとは

サプリメント(Supplement)とは英語で「補足・増補・追加」を意味する言葉になります。これが意味するところは、毎日の食事などで不足しがちなビタミンやミネラルといった成分をはじめとして、私たち人間が必要としている特定の栄養素をまさしく『補う』ための食品に位置するのが、サプリメントということになります。ちなみに、正式にはダイエタリー・サプリメント(栄養補助食品)と呼ばれているのですが、私たち一般人にとっては、サプリメントとかサプリという呼び方の方がなじみがあります。

 

このサプリメントですが、健康効果が期待されているとはいえ、あくまでも栄養補助食品なんです。いいですか、語弊の無いように書くと、ただの「食品」であって、医薬品ではありません。よって健康を意識してこれらのサプリを飲むのはいいですが、健康の基本は正しい食生活や、しっかりと体を動かす習慣などになります。あくまでもサプリメントは、それらの健康を補助的にサポートするのもだと思った方がいいですね。

 

サプリメントの種類

ここでは、サプリメントの種類について紹介していきます。まず、錠剤やカプセルといった気軽に飲む事が出来るサプリが多いですよね。そして上でも書きましたが、あくまでも食品のため、あまり細かな飲むルールは決まっていません。例えば、医薬品のように1日何回、何錠をいつ飲むといったルールはなく、あくまで推奨という形で、これくらい飲みましょう的な記述があるだけです。

 

しかし、だからといって飲みすぎるのはあまりよくありません。例えば、ビタミンEなど、サプリの中には脂溶性といって脂質に溶けやすいビタミもあります。これらは蓄積しやすいために、あまり摂り過ぎてしまうと過剰症を起こすリスクがあります。それになんらかの薬と併用すると、副作用や薬の効き目を落とす可能性もあります。よって、サプリメントを利用する時には、しっかりとパッケージにあるラベルを読み、決められたルールを守ることを提案します。

 

天然由来と合成の違い

 

同じ成分のサプリメントであっても、天然成分と合成成分の違いがあります。例としてローズヒップに含まのは、まさしく天然のビタミンCですよね。また一方で抗酸化のための食品添加物として使われることが多いアスコルビン酸というには、合成されたビタミンCといえます。このように一口でビタミンCといっても、植物由来の天然のビタミンCと科学的に作られたモノとあります。他にも私も海外から輸入して使っていますが、メラトニンなどにも合成と動物由来とあるようです。

 

一般的には、天然由来の成分も合成であっても、その働きなどには大きな違いはないようですね。これらはパッケージには書いてないこともありますので、気になる方はメーカーに問い合わせるのがいいかもしれませんね。

 

同じようにビタミンEにも、天然と合成があります。天然型ビタミンEは「d-a・トコフェロール」と呼ばれる立体構造の違いがあるんですね。そして試験管内での抗酸化作用という点では、はどちらも遜色があいようですが、こと生体内での働きで比べると天然型のほうが合成型よりもなんと2倍程度の効力があると言われていますので、驚きですね。

 

日常の食生活と体調にあわせて活用しよう

 

アメリカはサプリの分野で進んでいると言われています。そのアメリカでは栄養補助食品健康教育法と言うのがあり、その法律上では、サプリメントの定義として「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、これらの栄養成分を1種類以上含む、栄養補給のための製品」、このような形に書かれています。更に、サプリメントの形状についても定義されているんですね。

 

これらのサプリメントを効果的に賢く使うためには、まずは日常の食生活を振り返ることからですね。また自分が抱えている病気や、改善したいポイントなどを考えて、しっかりと自分に必要なサプリを選ぶことをはじめましょう。

 

また、複合型や総合型のサプリメントでは、それぞれの製品により配合されている栄養素の種類も違えば、当然ですが含有量も異なります。しっかりと、ラベルの成分表示を確認し、やみくもに使うことは避けた方がいいかもしれませんね。

 

ここまで、サプリとの付き合い方の基本的な部分を書いてきましたが、ビタミンとひと口にいっても、油に溶けやすい脂溶性ビタミンである(A・E・D・K)、水に溶けやすい水溶性ビタミンである(B群・C・P)と、まったく性質の異なる2種類があります。この時に、水溶性は飲み過ぎても大抵は尿と一緒に排出されるのですが、脂溶性のビタミンは必要以上に摂ってしまうと、排出されにくいために過剰症などを引き起こすことがあるので、適量を心がけて下さいね。

おすすめサプリのグルコサミンとフコイダン

関節炎でお悩みの方の強い味方グルコサミン。種類も多く販売されているので何を選べばよいか分からない方の為に、徹底比較しました。

グルコサミンサプリメント徹底比較

 

グルコサミンとは、グルコースの一部である水酸基が、アミノ基に置き換えられて構成されているアミノ糖の一種で、私たちの体の中では、関節などにひろく存在しています。加齢にともなって減少してしまうため、50代をすぎて膝などの関節が痛むようでしたら、グルコサミンのサプリメントを飲んでみるのを提案します。

 

 

フコイダンは血糖値上昇、コレステロール抑制効果、抗胃潰瘍効果、血圧上昇抑制効果、肝機能向上作用、育毛作用等があるといわれる注目の成分です。そのフコイダンを飲みやすいサプリメントにした商品を紹介しています。

フコイダンサプリメント〜貴方の健康維持に!

 

フコイダン(fucoidan)【「フコダイン」と言われることもありますが、間違いで、ただしくは、フコイダンです。】という物質は、硫酸多糖の一種であり、おもにコンブやワカメなどの海藻類に多く含まれている物質です。これらのネバネバ成分、粘質物にとても多く含まれている食物繊維の一種です。このフコイダンは、最近の研究で、肝機能の改善をはじめとして、コレステロールのコントロールやアレルギーの抑制といった健康成分としての注目をあつめているため、さまざまな形でサプリメントとして販売されています。